Human Pictograph(人型ピクトグラフ)は,人型ピクトグラムに着目した統計図表作成環境です.Human Pictographでは,学習者が人型ピクトグラムの姿勢を自作し,それを用いてピクトグラフを作成します.

画面は,大きく3つの領域で構成されています.領域Aはグラフ化したいデータを入力する「データ入力領域」,領域Bは任意の姿勢の人型ピクトグラムを作成できる「人型ピクトグラム作成領域」,領域Cはピクトグラフを出力する「ピクトグラフ出力領域」です.

 

データ入力

データ入力は,領域A「データ入力領域」使います.

領域A「データ入力領域」では,項目のラベル名を入力する「ラベル名入力ボックス」,項目の数量を入力する「数量入力ボックス」,適用させる人型ピクトグラムの姿勢を「ピクトグラム反映ボタン」,項目を削除する「項目削除ボタン」,新たな項目を追加する「項目数追加ボタン」,人型ピクトグラム1体分が表す数量を入力する「単位量入力ボックス」,入力した情報からグラフを作成する「グラフ作成ボタン」で構成されています.

項目数追加ボタンを押下すると新たな項目を追加されます.項目ごとに配置している「項目削除ボタン」を押下するとその項目を削除します.領域A「データ入力領域」のピクトグラフ作成に使用する各項目の人型ピクトグラムは「ピクトグラム反映ボタン」に表示されている姿勢を適用する.「人型ピクトグラム反映ボタン」の任意の位置をクリックすると,次に説明する領域B「人型ピクトグラム作成領域」の「ピクトグラム表示キャンバス」に表示されている姿勢を反映されます.

領域A「データ入力領域」の入力作業が完了し、「グラフ作成ボタン」を押下すると,領域C「ピクトグラフ出力領域」にピクトグラフを出力します.ピクトグラフに表示する人型ピクトグラムの出力人数は領域A「データ入力領域」の「数量入力ボックス」に入力された値(以下,数量)と「単位量入力ボックス」に入力された値(以下,単位量)から決定されます.単位量が入力されていない場合,ピクトグラフから各項目の数量が認識しやすい構図になるように,単位量を自動的に設定されます.

人型ピクトグラム作成

人型ピクトグラムの作成は,領域B「人型ピクトグラム作成領域」を使って行います.

領域B「人型ピクトグラム作成領域」はピクトグラムを表示する,人型ピクトグラムの向きを選択する「向き決定ラジオボタン」,キャンバスに表示された姿勢を保存する「保存ボタン」,保存した人型ピクトグラムを呼び出す「ボタン群」,各部位の角度を入力する9個の「角度入力ボックス」で構成されています.

「角度入力ボックス」には度数法による角度を入力します.正の数であれば反時計回りに,負の数であれば時計回りに,入力された角度だけ回転します.「角度入力ボックス」に角度を入力すると,入力値に応じて随時姿勢を反映されます.

「向き決定ラジオボタン」によって,人型ピクトグラムの向きを「正面」,「側面」の2通りから選択でき,ISO 3864付録で提示されている正面,側面用デザインの人型ピクトグラムを表示します.

作成した人型ピクトグラムは保存できます.「保存ボタン」を押下すると,「ピクトグラム表示キャンバス」に描かれている姿勢情報を保存します.保存した人型ピクトグラムは領域B「人型ピクトグラム作成領域」内の「ボタン群」から呼び出すことができます.姿勢の画像を縦1列に表示し,呼び出したい姿勢の画像を押下すると画像と同じ姿勢を「ピクトグラム表示キャンバス」に表示されます.保存した人型ピクトグラムは一度ブラウザを閉じても,同一PCの同一ブラウザであれば,再度アクセスした場合でも利用できます.

 

高橋伶奈

(文献)

高橋伶奈,御家雄一,伊藤一成:人型ピクトグラムを構成素とするピクトグラフ生成アプリケーション「Human Pictograph」の実装,2022年度情報処理学会関西支部支部大会, (2022.09.18)